投資物件(マンション等)をクーリングオフしましょう/千葉県松戸市の安田行政書士事務所

携帯サイトはこちら!!
相談フォーム
報酬表
クーリングオフ手続の流れ
クーリングオフ
訪問販売キャッチセールスアポイントメントセールスデート商法霊感商法
電話勧誘販売資格商法霊感商法投資・収益用物件
連鎖販売取引マルチ商法マルチまがい商法ネットワークビジネス
特定継続的役務提供エステティックサロン結婚相手紹介サービス英会話教室学習塾家庭教師パソコン教室
業務提供誘引販売取引内職商法モニター商法副業商法資格商法
連鎖販売取引の中途解約マルチ商法
特定継続的役務提供の中途解約エステティックサロン結婚相手紹介サービス英会話教室
支払停止の抗弁権
消費者契約法の取消権
預託法(和牛商法等)
投資用・収益用物件
海外先物取引
安田行政書士事務所
クーリングオフの実績
特定商取引法の法定表記
アクセスマップ
よくある質問
サイトマップ


 LINK 1.2.3

クーリングオフ・中途解約の依頼はこちらです!!

 投資・収益用物件  ~ クーリングオフ ~

 投資を目的としたマンション販売(投資用物件販売)を行う悪質な不動産業者と、消費者とのトラブルが後を絶えません。

 電話で勧誘される場合が多く、「将来の資産運用として」・「老後の生活も安心」などとの勧誘が行われます。

 また、悪質な業者は、投資物件を購入することのリスクについて充分に説明していない場合が多く、消費者が安易に契約の申込みをしてしまうことがあります。

 業者側の強引な勧誘により、消費者が充分に説明を受けないまま、納得せずにマンションを購入してしまっているケースが多くあります。

 また、悪質な業者の場合、会社に何回も勧誘の電話をしてきたり、夜中に携帯電話へ勧誘の電話をしてきたりなど、消費者を困惑させるような勧誘を行っているケースも見受けます。

 しかし、これらは不動産の売買ですので、宅地建物取引業法第37条の2に定めるクーリングオフの適用があります(但し、適用の範囲は限定的なものとなっています。)。

 購入するものが不動産ということもあり、契約金額が非常に高額となりますので、消費者としては、契約後、迅速にクーリングオフを行使することが望ましいと考えます。

 投資用物件販売の実例

 これまで当事務所で対応したケースでは、会社への執拗な電話勧誘で、消費者を喫茶店やレストラン、車の中に誘い、かなり強引に契約をさせていることが多くあります。

 不動産なので、金額も非常に高額となってしまいますので、契約してしまった場合には、冷静に判断をしてください。

 クーリングオフ期間内であれば、問題なく契約解除をすることができますので、一度、ご相談ください。

 宅地建物取引業法で定められているクーリングオフの要件

 以下の要件に該当しない場合でも、手付金を放棄して契約解除(申込みの撤回)をする方法もあります。

     宅地建物取引業者が自ら売主となる宅地又は建物の売買契約であること

     業者の事務所等以外の場所で、物件の買受けの申込み(契約)をした

     自宅・喫茶店・レストラン等で行った契約です。

     クーリングオフ期間を過ぎていないこと

     申込みの撤回等を行うことができる旨、その方法についてを告げられた日から起算して8日
    間です。

     宅地建物取引業者が申込みの撤回等を告げるためには、法定書面を交付しなければなり
    ません。

     物件の引渡しを受けてなく、かつ、代金の全額を支払っていないこと

千葉県松戸市の安田行政書士事務所

 安田行政書士事務所では、これまで数多くのクーリングオフ・中途解約を手掛けてきた専門の行政書士が、クーリングオフ手続や中途解約手続を代行致します。

 クーリングオフに精通した専門家が関与すると、悪質な販売業者にも対抗することができ、さらに当事務所へご依頼を頂いた場合、原則として、それ以降販売業者と連絡をとる必要がなくなります。

 商品等を購入時に、クレジット会社を利用してしまったという場合でも、適切に対応を致しますので、ご安心ください。

 専門家である行政書士が、クーリングオフ完了(中途解約完了)まで、フルサポート致します。

>>当事務所の実績

>>クーリングオフ・中途解約の報酬表

クーリングオフ相談へ

 Main Menu

ページトップへ



安田行政書士事務所