クーリングオフ代行は安田行政書士事務所

特定商取引法が定める「指定商品(消耗品)」

 特定商取引法が定める「指定商品でその使用、一部の消費により価格が著しく減少するおそれがある商品」
とは、以下に掲げる商品をいいます。

①指定商品であり、政令で定める消耗品(使用、一部を消費したときにクーリングオフができなくなるとされる指定商品)
                                                          政令別表第4
1. 動物及び植物の加工品(一般の飲食の用に供されないものに限る。)であって、人が摂取するもの(医薬
   品(薬事法(昭和35年法律第145号)第2条1項の医薬品をいう。以下同じ。)を除く。)
2. 不織布及び幅が13センチメートル以上の織物
3. コンドーム及び生理用品
4. 防虫剤、殺虫剤、防臭剤及び脱臭剤(医薬品を除く。)
5. 化粧品、毛髪用剤及び石けん(医薬品を除く。)、浴用剤、合成洗剤、洗浄剤、つや出し剤、ワックス、靴
   クリーム並びに歯ブラシ
6. 履物
7. 壁紙