エステティックサロンをクーリングオフしましょう/千葉県松戸市の安田行政書士事務所

携帯サイトはこちら!!
相談フォーム
報酬表
クーリングオフ手続の流れ
クーリングオフ
訪問販売キャッチセールスアポイントメントセールスデート商法霊感商法
電話勧誘販売資格商法霊感商法投資・収益用物件
連鎖販売取引マルチ商法マルチまがい商法ネットワークビジネス
特定継続的役務提供エステティックサロン結婚相手紹介サービス英会話教室学習塾家庭教師パソコン教室
業務提供誘引販売取引内職商法モニター商法副業商法資格商法
連鎖販売取引の中途解約マルチ商法
特定継続的役務提供の中途解約エステティックサロン結婚相手紹介サービス英会話教室
支払停止の抗弁権
消費者契約法の取消権
預託法(和牛商法等)
投資用・収益用物件
海外先物取引
安田行政書士事務所
クーリングオフの実績
特定商取引法の法定表記
アクセスマップ
よくある質問
サイトマップ


 LINK 1.2.3

クーリングオフ・中途解約の依頼はこちらです!!

 エステティックサロン  ~ 特定継続的役務提供契約 ~

 一般にいう、エステティックサロンのエステ契約は、「特定商取引に関する法律施行令」では、

 「人の皮膚を清潔にし若しくは美化し、体型を整え、又は体重を減ずるための施術を行うこと。」

 と定められています。

 法令では、非常に難しい言葉が使用されていますが、ほぼすべてのエステ業者との契約が該当してきます。但し、美容整形等は対象となりません。

 エステティックサロンのサービスは、性質上、その目的が実現する(施術の効果)か否かが不確実なものであり、また施術の料金も高額で契約期間も長期となっているため、消費者とエステ業者との間で、トラブルとなるケースが多くあります。

 そのため、特定商取引法では、エステティックサロンのエステ契約を「特定継続的役務提供契約」として、クーリングオフ制度や中途解約制度を設けています。

 但し、エステティックサロンのエステ契約であれば、全てがクーリングオフの対象となるわけではなく、次のような条件があります。

    エステティックサロン(美顔・脱毛・体型補正・痩身のための施術)

    契約期間が、1ヶ月を超えるエステ契約

    契約金額が、5万円を超えるエステ契約

 以上の条件を満たしているエステ契約であれば、クーリングオフや中途解約をすることができます。

 また、エステ契約では、本体のエステ契約とともにエステティックサロンの施術に必要な附属品やサプリメントを購入する売買契約も同時にされるケースが多くありますが、この売買契約も同時にクーリングオフすることができます。

 もちろん全てのエステティックサロン業者が悪質であるということではありませんが、当事務所の実例でも、商品や新しい施術コースを販売するために、強引な勧誘がなされるケースも多く見受けますので、このような勧誘があった場合には、速やかにクーリングオフをすることを推奨します。

 クーリングオフ期間内であれば、実損害はありません。

 また、中途解約をする際には、契約書に不当な違約金を定めている例もありますので、まずは、専門家へ相談をしてみてください。

>>エステの中途解約はこちら

千葉県松戸市の安田行政書士事務所

 安田行政書士事務所では、これまで数多くのクーリングオフ・中途解約を手掛けてきた専門の行政書士が、クーリングオフ手続や中途解約手続を代行致します。

 クーリングオフに精通した専門家が関与すると、悪質な販売業者にも対抗することができ、さらに当事務所へご依頼を頂いた場合、原則として、それ以降販売業者と連絡をとる必要がなくなります。

 商品等を購入時に、クレジット会社を利用してしまったという場合でも、適切に対応を致しますので、ご安心ください。

 専門家である行政書士が、クーリングオフ完了(中途解約完了)まで、フルサポート致します。

>>当事務所の実績

>>クーリングオフ・中途解約の報酬表

クーリングオフ相談へ

 Main Menu

ページトップへ



安田行政書士事務所